移動する羊のつぶやきです。

by moving_sheep

<   2018年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

10月31日の目先


朝のニャンコは自由だ。

タタタタタって走って、

ピタって止まって、

右を向いて、しばらく。

そして今度は、何もなかったように、

悠々と歩き出した。


空気の先に何かを見ている?


人間だったら、

タタタタタって走ったり

そしてピタって止まったり、

そして、ゆっくりと歩き出したり、

するかなぁ?


子どもなら?

なんて考えながら。


朝の猫が見ているもの、きいているものは、私たちよりちょっと違うものなのかもしれない。


いつもよりちょっとだけ多く眠った体は元気で、猫と一緒に走れそう。


大人な私も、こんな自由に歩いてみたなら、何か見える?なんて思いながら。


祐子


b0042190_22232920.jpeg


b0042190_22234730.jpeg


b0042190_22240125.jpeg


by moving_sheep | 2018-10-31 21:58 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

10月30日の目先


冷たい風が吹く。

ひんやりと気持ちいい。

風に乗ってやってきたものは、

どこかで誰かが囁いた歌、歌った歌。


この風、好きだな。

きっと、どんな歌も素敵。


そう思える。


祐子


b0042190_22165193.jpeg


by moving_sheep | 2018-10-30 22:15 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

10月29日の目先


〈状況がわかる〉ことと、

〈気持ちがわかる〉ことは違う。


そんなことを改めて考えた。


「あなたは気持ちがどれくらいわかっていますか?」


そう聞かれた時に気付いた。


状況はわかる。

悲しそうな顔をしているな。

嫌なことがあったのだな。

元気になったのだな。

あのことが嬉しかったのだと思う。

悲しい原因はこれだ。


でも、〈状況〉がわかるのと、〈気持ち〉がわかるのは、違う。


“気持ちがわかっている。”

という言葉を少しだけ思い浮かべて、違う考えが生まれた。


「状況はよくわかっているのだけれど、本当の気持ちはわかっていないのかもしれない。」


気持ちがわかっていると、思い込まなくてよかった。わからないことを知ることで、知れることわかることが増えるんじゃないかなと、思う。


今日からは、昨日よりも少しでも深く知りたいな。


祐子


by moving_sheep | 2018-10-29 21:56 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

10月28日の目先


不安の募る日曜日の夜…


夜を知らせるのは、真っ黒になった〈空〉だったりする。もし空が明るければ、19時でも夜とは言わないかもしれないし、もし空が真っ暗になれば、17時でも人は「夜が来た。」と言うのかもしれない。


冬がちかづいて、陽が落ちるのも早くなり、早々に今日の空は真っ暗になった。

濃い、黒い空が上空に広がる。夜。


冬の空も大好き、漆黒の空も大好き、でも、週末終わりの空には不安になる。

空は何曜日だって変わらないのに。

何を乗せるかは自分次第。


もっと強くなろう!

なんて思いながら。


祐子

b0042190_01110138.jpeg

…ただの真っ暗…本当はもっといろいろがあるのだけれど。

by moving_sheep | 2018-10-28 22:09 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

10月27日の目先


〈夢を見る。〉


私たちは毎日夢を見るのに、毎日忘れちゃっていたりして。夢って、もともと自分の中で忘れているようなこと・無意識なことを見ることが多いからかな?だから、朝起きたらまたちゃんと忘れていたりする。


今日の夢は覚えている。


ある日、気がつくと、引越しをしている。荷物の移動なんかもしていないのに、荷物も移動されていて夢の中で誰かに、「大切なものだけを持ってきた。」と伝えられる。


持ってこられているものをじっと見る。

いつも着ている服、見覚えのある服などがクローゼットの中に入っている。目の前に見えるのは見覚えのあるものだけ。


“本当にこれだけが大切なものなのかしら。”

“他に大切なものは本当になかったのかしら。”

私は、「必要なものが他にもあると思う。もう一度確認に行く!」と言う。


そのシーンしか覚えていないのだけれど。


〈本当に必要なもの〉について考える。

目の前に並んでいるものに、本当に大切なものが見落とされていないかぱっと分からないのは、大切なものが〈物〉ではないからかもしれないけれど。


そんなことを考えた。

〈夢〉は面白い。そして、ちょっとこわい。


祐子


by moving_sheep | 2018-10-27 12:31 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

目先・10月26日

10月26日の目先


上空で鳥が鳴いている。

ピチチ・ピチチ・ピーピピ。

あれは朝の挨拶かな。


「おはよう。」

「おはよう。」

「おはよう。」

って。


鳥が一声鳴く度に、雲が晴れて青空になっていくような気がする。


鴉が二羽、スイーっと飛んできた。

二羽の鴉は鳴かなかった。


代わりに遠くの方で、違う鴉が鳴いているような気がしたけれど鴉は朝にはあまり鳴かないのかな?


祐子


b0042190_23522918.jpeg


b0042190_23524383.jpeg




by moving_sheep | 2018-10-26 19:31 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

10月25日の目先


大切に世話をしていた虫が死んでしまって、

女の子が泣いていた。


流れる涙は、体の奥底から溢れてくるものだということが、よく分かり、よく伝わってくる。


涙は体の内側から生まれる。

内側にあるときは見えないのに、外側に溢れると形になる。

なんでだろう。


死んでしまった虫や女の子の涙とその生命を思うとなんもと言えない気持ち。


女の子は、その虫に〈愛情〉があったのだと思った。


先日稽古場で話したのだけれど、愛は、殺さないために・生かすためにあるんじゃないかなって。


彼女はその大切な虫に愛情があったのだと思う。


愛の形はなかなか目には見えないけれど、時々形になって見えるようだなと思える。



祐子


b0042190_22461627.jpeg


by moving_sheep | 2018-10-25 22:38 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

10月24日の目先


【猫街②


私の住んでいる街には、猫がたくさんいて、いつも帰る道には、子猫がいた。


子猫がいるのはいつも〈帰り道〉にいて、〈行きの道にはいない。

「にゃー」と言ってみたり…毎日見ていたけれど、気付いたら子猫はいなくなっていた。


“今日はいないな”と思っていたのに、

“毎日いない”になっていた。

大きくなってどこかに移動していったのかもしれない。


だけど、私は今でもその道を通ると、首を右に向けて、猫がいた場所を確認する。

その時に思っていることは

“今日はいるかな。”と“今日もいないかな。”の二つが混ざったようなもの?


そうして毎日、今日もいない猫の存在を確認する。


…きっとずっと心の中で思っていることは、“今日はいるかも!”なのだと思う。


祐子


by moving_sheep | 2018-10-24 23:42 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

10月23日の目先


〈私の住んでいる街には、猫がたくさんいる。〉はずだった。


でも、最近見かけなくなってしまっていた。

猫が姿を消したのか、

私がみんなを見つけられなくなったのか。


今朝、黒猫に出あって気が付いた。

“そういえば、最近猫が少ないな。”って。


その黒猫は、近付く私を確認すると、目を《きっ!》大きく開いて、口をすぐに《にゃっ!》と鳴けるような形にして、草むらの中へ入っていった。


この黒猫には、実は昨日も出あったのだけれど。“最近よく猫がいるな。”って思ったから、“最近猫がいないな。”にも気が付いた。


ここはもともと猫のたくさんいる街なので。私がよく見れば、今もたくさんいるのかな?


黒猫の写真を撮ろうかと思ったけれど、“うーん。”と手が止まった。“黒猫は、勝手に写真を撮っていいのだろうか。”


「私はあなたの被写体じゃないんだからね!プライバシープライバシー!」と、彼女が言っているような気がしたから。


代わりに近くにあった秋の葉と空の写真を撮りました。


祐子


b0042190_06531716.jpeg


by moving_sheep | 2018-10-23 06:52 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

10月22日の目先


“失敗しちゃったな。”


そんな風に何度も思う。

私の頭の中は、そんな想いでいっぱいになる。


喜びも人と分かち合えるなら、同じように、失敗も人に影響を与えてしまう。

〈失敗〉の感覚は、私の中だけではなくて、人の心の中にも刻まれる。


だから、

“あぁ、失敗しちゃったな。”

一人ぼっちの失敗とは違う。

“次はどんな行動、しようかな。”


祐子



by moving_sheep | 2018-10-22 23:54 | Trackback | Comments(0)