移動する羊のつぶやきです。

by moving_sheep

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

最近ネットサーフィン(と、イマドキ言うのだろうか?)をする時間が長くなった。長くなったというか、今までやらなかったのをやるようになった、と言ったほうが良いのか。気が付いたら2時間3時間はあっという間にたっているのだ。ほんの30分くらいのつもりが、ふと時計を見てみると2、3時間があっという間にたっているから不思議である。さらにネットで買い物もするようになった。チョー楽で良いね。そしてあれやこれやを見てまわるのがなにより楽しい。んで色々な記事を読む。ブログも読む。ユーチューブも観る。でもまだ書き込みとかはしていないけど。パソコン生活6年目にしてやっとネットライフを楽しんでいる。とは言ってもまだほんの入り口にしかすぎないのだろう。ふと、画面の向こう側に広がっている膨大な情報の海を想像して、たまにクラクラと目眩がすることがある。僕は大海にやっとこさ漕ぎ出した、小さなボートにしかすぎないのだ。そして脳のある部分が刺激される。いつも頭の片隅で「すべてを知りたい」という探求心がくすぶっている。とはいえ今更すべてを知ろうとは思わないが。昔はより強くその想いが溢れていた。世界のすべてを知り尽くしたいと。ネットの中にいるとそんな想いが頭をもたげる。そこに「すべて」などあるワケないのに。そこに居ればすべてが分かるかもしれない、という幻想でしかないのに。でも日常に隠されていた風景が現れてくる。見えていなかった一面が見えてくる。それは世界を写す鏡だ。時に正しく、時に歪んで現れてくる。「世界のおぞましさと美しさがたち現れる。まるで『青さ』(例えればそれは、日常)」という点において、空と呼応する海の水面のように、二つが共鳴しながら現実世界から写しだされて存在している」僕はネットの海に潜りながらそんなことを考える。そこには美しい珊瑚礁もいればおぞましき深海魚もいる。僕はそれらに一喜一憂しながら海をわたるのだ。しかもある程度の距離を保ちながら。ああ楽しい。しかしこれは一種の逃避なのか?あれほど日常を謳歌していた自分自身はもういないのか?いや、いる。何故ならやはり日常こそがすべての出発点だからだ。昔、友人とネット世界のリアルについて激論をかわしたのを思い出す。まだ今ほどネットが普及していない時だった。僕はネット世界のリアルに疑問を抱いていた。彼はそこにリアルはあるのだと言った。僕は恐怖を感じていた。彼は喜びを感じていた。二人は違う場所から同じモノを見ていた。だから二つは同じように存在していた。まるで空と海のように。まるでおぞましさと美しさのように。そう。そうなのだ。あらゆる世界は、その背景にあるあらゆる風景を想像することで、なんだか楽しくなってゆくみたいだ。どの世界にもリアルはある。そしてどの世界にも虚構はある。僕は生きるリアルを探している。そして虚構を愛している。愛川です。

本当ならば次は24日にやる予定だったのですが、稽古場が取れず中止になってしまいました。

次回の稽古は1月30日の土曜日の午前中、13時ー17時です。

場所は要町になります。。(いつも池袋周辺で稽古)

稽古は毎週、集まる人に合わせて脚本を書いています。
基礎トレと移動する羊オリジナルメソッド(かなり心と身体を使う)とテキストで作品作り。

興味のある方は是非、愛川のアドレスに「稽古場参加希望」とタイトルに書いてメールください。
アドレス。
loveriver@di.pdx.ne.jp
by moving_sheep | 2010-01-23 11:38 | 稽古場レポート | Trackback | Comments(0)
年が明けてから、ひたすら悪夢を見続けている。まず見たのは1日の夜だった。つまり元旦に見た夢は覚えていなくて、それ以降はなんとなく、もしくは強烈に覚えているのだ。初夢から半月ひたすら悪夢を見ていることになる。確か記憶が間違いじゃなければ、元旦の夢は初夢ではなく、元日の夜が初夢だったはずだ。その日からモレなく毎日悪夢をみていることになる。はじめはそんなに気にならなかった。「ああーまた怖い夢をみたんだなー」とそのつど普通に思っていたのだが、目が覚めるたびにあまりに怖くて、この家、幽霊でもいるのじゃないかと思って、目を開けられないことが続いたある日、ハタと気が付いたのだ。「そうだ、僕は、2010年に、なってから、ずっと、悪夢を、みている」それに気が付いたのが1週間前だった。そのことに気が付いたら、ひょっとしたらもう悪夢をみないかもしれない、と思った。でも違った。毎日どの時間に目が覚めようとも、必ず「コワイ」と思って目を覚ますのだ。これほど恐怖を身体全身で感じることなど久しくなかったような気がする。いつぶりだろう?遠い昔にあった。いつかの、夜たち。そう、恐怖に身を任せて、恐怖そのものになり、自分と恐怖のサカイメがなくなった夜。そうだ。岩手だ。車の免許をとりに合宿で行った、岩手の山奥だ。僕は合宿中に毎晩、山奥から流れる川沿いに沿って海まで走っていた。ほぼ1ヶ月。毎晩本当に怖いと思いながら走っていた。道にほとんど明かりはない。月明かりと星だけが頼りだった。僕は暗闇の中、ひたすら海を目指していたのだ。僕は走りながら「この世の中には妖怪はいるんだな」とアタリマエのように思っていた。闇の生き物達の存在を感じていた。そして恐怖のあまり、自分自身が妖怪になっていくような感覚が溢れていた。何故僕はあれほどまでに「恐怖」に寄り添おうとしていたのか?そう。それは。生きている。実感だった。のだ。あれほど「生」を感じていたのは、僕を包む闇にひそんだ、狂わんばかりの「恐怖」ゆえなのだ。そう。そうなのだ。今年の僕はあの時と同じなのだ。まさに目を覚まして生きていることを実感しているのだ。いや、生きている実感によって目を覚ましているのだ。まあ、本当に家に幽霊が住み着いているのかもしれないが。ちなみに家の目の前は、駐車場と路地をはさんですぐ近くに墓場がある。つまりお寺がある。だからと言って幽霊がいるとは限らないけれど。とにかくいつまで続くか分からないが、とことん悪夢を見続けるのも良いかもしれない。その数だけ悪夢が「生」を連れてくる。その実感が明日へ進ませてくれる。とりあえず僕は、生きている。愛川です。

明けましておめでとうございます!

今年最初の稽古は1月16日の土曜日の9時ー12時です。

場所は要町になります。(いつも池袋周辺で稽古)

稽古は毎週、集まる人に合わせて脚本を書いています。
基礎トレと移動する羊オリジナルメソッド(かなり心と身体を使う)とテキストで作品作り。

興味のある方は是非、愛川のアドレスに「稽古場参加希望」とタイトルに書いてメールください。
アドレス。
loveriver@di.pdx.ne.jp
by moving_sheep | 2010-01-13 11:22 | 稽古場レポート | Trackback | Comments(0)