移動する羊のつぶやきです。

by moving_sheep

カテゴリ:モノものガタリ(一畳物語1)( 10 )

古い家屋独特のステキさよね。
たくさんの音楽と物語がつまっている部屋に、立つ祐子さん。
猫がね、入ってくるのよね。
2階だけど。
素敵ね。
そして部屋になじむのさ。
b0042190_1039100.jpg

b0042190_114653.jpg



一生懸命片づけてます、加田さん。
もちろん手伝いました。
まるでここはトキワ壮みたいで、漫画の登場人物みたいな斎さんだね。
b0042190_124981.jpg

b0042190_155096.jpg

b0042190_161994.jpg



『モノものガタリ』でね、窓を開けて空を見るのです。
そんなシーンを彷彿とさせる朝のワンシーン。
この家でしか語られない者語り。
b0042190_151671.jpg



亮くん登場。
シンセもあるよ。
音創家稽古もしました。
音をその場で作る。
ジャムセッション。
物語もその場で作る。
西の魔女のみやちゃんが、最後にとても素敵なナンバーで(もちろんその場で作った曲さ)、大団円!!
素晴らしい20分弱の音楽物語劇、完成でした。
b0042190_1113530.jpg

b0042190_1131058.jpg

b0042190_1143271.jpg



夜に『モノものガタリ』(祐子×タケケ)&『猫語り』(祐子×タケケ×斎)上演。

「たくさんの音楽と物語を集めよう。家はそうやって創られてゆくんだから」
「人間が物語」

もっともっとは、相変わらずで、課題もたくさんだったけど、問題点はもうわかっているんだから、今度こそはもっともっと、と、さらに思うケイコな1日になりました。
また次へ、向かいます。


斎×祐子×タケケ×亮×律人×真奈×美也
by moving_sheep | 2015-06-16 01:26 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)
6月14日の朝から羊野外稽古の一環で、野外じゃないけど加田さんの新居祝いを(誕生祝いも?)兼ねて、稽古やりました。
移動した先が劇場さ。
僕らは移動する羊だからね。
野外稽古の今まで( *´艸`)

海(「片瀬江ノ島に雪が降る」)
川(「空から降って来る‐川-」)
ドライブ(神社仏閣めぐりからの神社物語1「オボロ雲が浮かぶ空」)
花見(「桜歌」)

そして今回、家!
一畳物語1「モノものガタリ」&「猫語り」なんと2作品!!

b0042190_00498.jpg

駅で待ち合わせして加田家へ!

b0042190_01835.jpg

さあ、いくぜ!

b0042190_015692.jpg

こちらでございます。
by moving_sheep | 2015-06-16 00:05 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)
b0042190_10151042.jpg

b0042190_10151076.jpg

写真は祐ちゃんが休憩中に描いている、きっと新しい物語絵本なのでしょう( *´艸`)

14日上演『者語り』に向けて、焦りはじめているのです。
しかし歩みは遅くとも、積み重ねが花咲くタイミングに向けて頑張るです(>_<)

祐子×タケケ
by moving_sheep | 2015-06-01 10:15 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)
b0042190_22523274.jpg

b0042190_22523211.jpg

b0042190_2252324.jpg

b0042190_22523238.jpg

b0042190_22523273.jpg

静かに波打たず稽古をしていたかのように思うけれど、やはりわくわくはある。
そしてもっともっとと思い、しばらくない稽古に寂しくなったりもする。

共に創るは、果てしない。
果てしないから、また共に創るを積み重ねたいのであるのだね。

祐子×タケケ
by moving_sheep | 2015-05-28 22:52 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)
b0042190_18261832.jpg

b0042190_18261823.jpg

b0042190_18261828.jpg

b0042190_18261816.jpg

b0042190_18261857.jpg

昨日の稽古は、形にしてゆくことで様々なことを知ることが出来たし、前にも話題にのぼっていたことが改めて意味を持って腑におちたのか、表情が変化してゆく素敵さを体感しました。

wordもまた足し算、かけ算になる。
『連想なんだけれど』
僕たちらしい、新しいアプローチ( *´艸`)


祐子×タケケ
by moving_sheep | 2015-05-25 19:50 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)
b0042190_2342591.jpg

b0042190_234259.jpg

b0042190_2342521.jpg

b0042190_2342596.jpg

b0042190_2342597.jpg

〈ボード〉

欧米スタイル〈ノート〉から辿り着いた羊スタイルword。
まさにボードする。
そこに現れる形はきっと、作品に更なる高みと遠さと深みを与えてくれるにちがいない。
僕らはそれを、広くへ。


〈高く遠く深く〉そして〈広く〉

祐子×タケケ
by moving_sheep | 2015-05-19 23:42 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)
b0042190_23493789.jpg

b0042190_23493799.jpg

b0042190_23493732.jpg

b0042190_23493786.jpg

b0042190_23493768.jpg

b0042190_23493742.jpg

ちょっと身体がきつくなるくらい動いて、重力に身を任せた短い時間に、「ああ僕らは不自由なんだな~」と思ったタケケです。
でもその不自由さが作品作りには大事なのらよね~(。-`ω-)

色々アプローチを考えるのって大変だけれど楽しいなと思いました。
久しぶりに( *´艸`)

形は形を連れてくる。
もっと具体を。
もっと形を。

〈外に心、内に形〉


祐子×タケケ
by moving_sheep | 2015-05-17 23:49 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)
b0042190_0171231.jpg


いつもいつもだけれど、更に遠く高く深く広くゆける〈何か〉があるような気がしながらの稽古。


祐子×タケケ
by moving_sheep | 2015-05-17 00:17 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)
b0042190_22393831.jpg

服とかシートとか紙とか、畳み上手な人ってすごく魅力的に感じるのは何故だろう(。-`ω-)
女性には上手さんは多い。
男性だと男性ってことでカケル二倍に魅力的。

そんなことを考えながらパシャリタケケでした(´艸`*)
ちなみに僕は苦手です。


一畳物語にかけて、畳みについて考えるのでした。

タタミ。
畳む、ということ(。-`ω-)
by moving_sheep | 2015-05-14 22:39 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)
b0042190_2231383.jpg

ソレなりに動いたからきっと明日は筋肉痛になる、といいな( *´艸`)
筋肉痛はなんだか分かりやすい具体形だから、良いなって思うのかな。
結果じゃないけど、過程の中の小結果に感じるから。

形にしてゆく難しさを痛感しながら、二人は形にしてゆく作業に没頭しました。
そして時間はあっという間Σ(ノд<)

今日からは明確に『者語り』としての稽古場認識で行こうと思います。
一畳物語シリーズ1
『者語り』
6月14日(日)の上演に向けて頑張ります(`◇´)ゞ


祐子×タケケ
by moving_sheep | 2015-05-14 22:31 | モノものガタリ(一畳物語1) | Trackback | Comments(0)