人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 201 )

目先・8月8日

8月8日(木)の目先

白い雲に隠れて、
白い月がいた。

雲は結構近くて、
月はそれよりも遠くに位置している。

昨日見上げた空には、主に青と白の空だった。

空はカラフルなんだけれどね。
目に見える色は、まるでシンプルなことが多い、

青・白・灰色・オレンジ・黄色・時に紫やピンク・真っ黒な時や紺色のとき。それで空色。いろいろだけれど、時にはずっとシンプルで。

でも、そのいろいろは、空特有の混ざり方をしているなぁって。

祐子


by moving_sheep | 2019-08-08 08:30 | Trackback | Comments(0)

目先・2月23回

2月23日の目先

身体の中にある、数えきれない私の身体。
連動している?

最近よく筋肉痛になるので、
“あぁ、こういうところに筋肉があったのだな。”って、
確認する。

ここに筋肉があって、
こことここにも、筋肉がある、
そして、たくさんの細胞がぎゅぎゅってあって、
きっとそれぞれの役割を凛と頑張っているのだろうなって。

80歳が寿命だとして、80年間壊れることなく(病気になったりすることはあると思うけれど。)頑張るなんて、強い。
生成しなおしているから?
大切にしないとなって思う。

祐子

by moving_sheep | 2019-02-24 00:00 | Trackback | Comments(0)

目先・1月9日

1月9日の目先


横にいた月が、

いつの間にか、真後ろに来ていた。


今日は、細い月が出ている。

多分三日月。

本来は丸い月は、

時々、細く鋭い三日月になったり、

まん丸く輝く満月になったりと、

姿を変える。


今日の月は特別に細くて鋭くて、

何だか笑っているみたいな、微笑んでいるみたいな、なんとも言えない表情をしていた。


そんな帰り道。

目の色について、考える。


“目の色が変わるっていうけれど。”

確かに自分の目の色が変わるのを感じながら帰る。

考え事をしながら帰っている私の目の色は、多分その度に変わっているだろうって思った。自分では見えていないから分からないけれど。

目の色が変わったなって思う度、私は、いくつかの風景を多分目の奥に写し直している。映像と一緒に想いなども乗ったりして。

目の奥には様々な風景が写っているから、目の色が変わるんだって思った。


誰かの瞳をじっと見つめていたら、その人が目の奥に映し出している、風景や想いが見えるんじゃないかな。


〈目の奥には、世界がある。〉


祐子





by moving_sheep | 2019-01-09 23:56 | Trackback | Comments(0)

目先・12月12日

12月12日の目先

夜の空も、素敵でしょう?
外に出ると、夜の空にぷかぷかと、
雲が浮かんでいた。
夜の空。

祐子

b0042190_00174560.jpeg

b0042190_00180281.jpeg

by moving_sheep | 2018-12-12 20:30 | Trackback | Comments(0)

10月22日の目先


“失敗しちゃったな。”


そんな風に何度も思う。

私の頭の中は、そんな想いでいっぱいになる。


喜びも人と分かち合えるなら、同じように、失敗も人に影響を与えてしまう。

〈失敗〉の感覚は、私の中だけではなくて、人の心の中にも刻まれる。


だから、

“あぁ、失敗しちゃったな。”

一人ぼっちの失敗とは違う。

“次はどんな行動、しようかな。”


祐子



by moving_sheep | 2018-10-22 23:54 | Trackback | Comments(0)

【写真目先49】10.9

【写真目先49】

雲のもこもこ
絨毯みたい

今にも雲に乗れそうでしょう?

寝転がったり
歩いたり
雲絨毯からはどんな風景が見えるかな?

祐子

b0042190_20270079.jpeg

by moving_sheep | 2018-10-09 20:23 | Trackback | Comments(0)

🌳稽古日記 10.8🌳

今日は「センチメンタル・ドッグ」顔合わせ。全員集合ではないけれど、集まりました!


干支公演 4作品目「センチメンタル・ドッグ」に向けて、本格始動し始めます。

またより一層、カラフルで生き生きとした作品を届けられますように、大切に創っていきます!


読み合わせたり、みんなで話し合ったり、とてもわくわくするのでした。


祐子


b0042190_06523296.jpeg

b0042190_06524733.jpeg


by moving_sheep | 2018-10-09 06:49 | Trackback | Comments(0)

目先・10月3日【彼】

10月3日の目先


今日もいた、今日こそいた、

〈彼〉


私はその鳥のことを〈彼〉と呼んでいる。

オスなのかメスなのかもわからないし、

〈彼〉なんて、味気のない呼び方だとは思うけれど、気に入っているので。


毎日通る道筋には川が流れていて、彼はいつも同じ場所に立っている。

圧倒的存在感で、その存在感を残したくて何度もカメラを向けたことがあるのだけれど、カメラにはその存在感はどうしても写すことができない。

彼は多分、鷺だと思う。


いつも同じ方向を見て、すらっと立っている。

微動だにしない時がほとんどだけれど、時々何か空気の動きを感じたように、くるっと首を返したり、見つめる方向を変えたりする。

“何を見ているのだろう。”

いつも思っていて、その彼が見つめる先が気になって、私は必ず足を止めて、彼を見つめることになる。急いでいても、足が止まる。


今日はいつもと少し違う方、川に作られた水路の先の方を見ている。

“そこに、何かがいるのかな?”

目で見ているだけではなくて、音も聞いて、振動も聴いているのだと思う。


私の日常に時々登場する、ファンタジーのように見える現実。


祐子


b0042190_20371629.jpeg
b0042190_20375818.jpeg


by moving_sheep | 2018-10-03 20:28 | Trackback | Comments(0)

10月1日の目先


10月になりました。

台風の過ぎた後、世界は特別に穏やかなように感じる。まるで何もなかったみたい。

でも、何もなかったわけでもずっと穏やかではなかったことも知っていて。


轟々と吹く風の音を聴いて外を見ると、世界は泣いているようにも微笑んでいるようにも見えて、葉の一枚一枚は流されるように抵抗するように揺れていた。

夜中。眠っていると“バーン”と、壊れたものが飛んで当たる音が聞こえる。


それでも、大きく大きく動いた台風の後は、一際穏やかで静かみたい。何だか、人間みたいだなと思った。


祐子


b0042190_22503623.jpeg


by moving_sheep | 2018-10-01 22:45 | Trackback | Comments(0)

ドリンキングランナー

 大家さんのかだにゃんです。

 今回のお芝居には、あるランナーの話が出てくるのですが、私もふだん雨
がよっぽど降らない限り最低、5、6㎞走ることにしています。今日もいま
しがた皇居周りでロードワークしてきました。皇居ランナーってやつですね。
いや、いまちょっと「ロードワーク」という言葉使いたかったので、書いて
みました。でもなんで「ロード」の「ワーク」なんだろう? ま、「フッワー
ク」だと意味が違ってくるからなぁ。

 よく言われることですが、走るのが習慣になると、走らない日は逆に気持
ち悪くなったりします。だから、一時はお酒を飲んだ日も、走っていました。
普通は、走ったあとに飲みたくなるんだろうけど、アタシは逆に飲むと走り
たくなるようなところがありました。
 酒飲んで走ったら、当然アルコールが回って、気持ち悪くなって走り方も
ぐたぐだで、酔いがひどいとこけたりもするんですが、そいで、悪戦苦闘の
末、走り終わるとやはり気持ちいいんです。いやいや、ふだん走ったときの
気持ちよさとはまた違うわけだから「やはり」というのはおかしいか。とに
かく、ちょっと味わえない感覚です。
 ま、それはさすがに危険だと気づいたのでやめましたが、いつかあの“味”
をまた思い出して、酔ったとき走り出したくなることもあるのかなぁ、とかっ
て思ったりします。
 ほかの人はマネしないでください。ま、マネしないと思うけど。

by moving_sheep | 2017-03-04 00:41 | Trackback | Comments(0)