移動する羊のつぶやきです。

by moving_sheep

移動する羊 干支公演・参 -戌-
『センチメンタル・ドッグ』

作・演出:愛川武博
音楽:石橋りょう

【出演】
タケケ
石橋りょう
湖子

律人(劇団ピンクメロンパン)
竹中勇貴



加田斎
中村仁美(Gliese832c)

小山千尋


小玉夏海

藤田祐子


<チケット>
前売り・当日2,500円
高校生以下1,000円
発売中

<開演日時>
12月8日(土)
11:30
15:30
19:30

12月9日(日)
13:00
17:00

受付・開場は各30分前より
各回定員40人
上演時間は約90分を予定しています



[予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/sentimentaldog


<場所>
新生館シアター
住所:〒170-0011 東京都豊島区池袋本町1-37-8 中村ビル2F
HP:http://kitaike-shinseikan.com/index.html

【アクセス】
・東武東上線「北池袋」駅より徒歩1分


センチメンタル・ドッグ、その始まり

〈神の物理学〉という学問を研究している学者、天音虎太郎~通称ネコ先生は2018年の年明けに、数人の奇妙な人間たちを連れて研究所に戻ってきた。

しかし研究所を守る巫女である、釈迦堂智美は居なくなっている。



「研究所を守る巫女ってのも変なハナシだ。神社じゃないんだから」

天音虎太郎が連れてきた奇妙な数人の一人、シンラは言った。


天音虎太郎はニヤリと笑い言う。

「ここは神が育つ場所だからね」

その言葉を聞いて、シンラは静かに呟いた。

「神が育つ?むしろ“魔”が育つ感じのする場所だよ」

「魔。悪魔。悪鬼。鬼?なるほど確かにそうかもしれないね。なぜなら僕は君たちをココに連れてきたワケだから、ね、空から落ちてきた鬼の末裔さんたち?」

天音虎太郎のその言葉を聞いて皆、ゆっくりと空を見上げた。

そうして静かに小さく歌を口ずさむ。

“妙、妙、妙と鳴く、雲が歌う、大地が震える、雷の中に生まれた世界に反する我らの力”

その瞬間、空にあっという間に雷雲が生まれ雷が世界を走った。

「例えるならば、君たちはまさに雷が産み出す反物質だ。宇宙誕生の時には物質と同じ量があったとされる反物質。今じゃそのほとんどが消えた。しかし雷雲がまさかその反物質を作ってたなんてね。素敵な発見だ。日常に生まれる消えたはずの反物質。面白い。まるで君たちそのものみたいじゃないか」

嬉しそうにそう言った天音虎太郎を彼らは見た。

その瞳に奇妙な輝きが走る。

それはまるで雷雲から地上に落とされる雷のようであった。

天音虎太郎はその瞳の雷を見て、うなずき微笑み優しく言った。

「さあ姫を探しに行こうじゃないか、鬼の皆さま?」

戌年の2018年。

犬飼太郎は一族長年の悲願を叶えようとしていた。
〈物理王になる〉

その悲願のために必要な釈迦堂智美。

空の姫さま。

巫女。

その空の姫を探す鬼と呼ばれる謎の人々。

神と悪魔。

物質と反物質。

空の力をめぐり繰り広げられる、世界の終わりへと向かう物語。

それは日常の物語。

「俺は神の頂に登るために、悪魔にだってなるんだよ」



# by moving_sheep | 2018-12-09 19:00 | ‘18干支公演参‐戌‐センチメンタル・ド | Trackback | Comments(0)

目先・11月14日

11月14日の目先


朝のホーム。

歌声がきこえて来る。

まるで、周りの人のことなんか気にしないような大きな歌声。ひょっとすると、周りの人に聴いて欲しくて歌っているのかな?


うん。きっとそうだと思う。


“歌っているのは誰かな?”


勝手に子どもを想像していたのだけれど、歌っていたのは、歌っていたのは大人の女の人だった。


歌声を聴きながらエスカレーターを降りると今度はエスカレーターの下で、違う男の人が歌っている。その歌声も聴きながら歩くと…次は向かいから歩いてくる男性も歌を歌っている。


来る人来る人、みんな歌を歌っていて

(同じグループの人が、歌いながらちりぢりになったのかも。)

(ひょっとすると、彼らの〈世界に歌を溢れさせるキャンペーン中〉なのかも。)

あちらこちらで歌声が溢れている。


みんながみんな、それぞれの思いを自由に世界に響かせている場面を想像する。

みんながみんな、自由に歌を歌えたら、世界は歌で溢れているななんて思いながら、歩くのでした。


祐子



# by moving_sheep | 2018-11-14 23:57 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

11月13日の目先


朝、家を出発して、しばらく気がつかない。

背中に軽さを感じる。

しばらくしてから…“あれ?”


〈ナニカ、軽イ。〉


リュックを忘れているのだ。”と気付く。

…まさか。

…これは事件だな、って思う。

毎日必ず背負っていくはずのリュックを背負い忘れて出掛けている。

小学生の頃にも、ランドセルを忘れて小学校に登校したことを思い出す。

“何しに来たの…?”って。その時は、家が小学校にとても近かったので、取りに戻った。


軽い背中を感じながら、頼りない気持ちになってくる。


“今日もあの頃のように、取りに帰った方がいいのかな。”

鞄の中身を思い浮かべる。

幸いなことに、お財布や携帯は持っていたため、“特に必要なものは、ない。取りに帰らなくても、一日は過ごせる。”ということに気付く。


“ただ…お守りが…。”


リュックを忘れて一番困るのは、その中にお守りが入っていることみたい。


そうして、少し驚く。では、あのリュックは、毎日何のために背負っているのか。


使わないものを持ち歩いている自分の姿勢に、改めて直面する。


リュック…要らなくない?

本当に、必要なもの…?


結局リュックは取りに帰ったけれど、中身や自分が持つものについて、かなり検討する必要があると気付かされる忘れ物でした。


これからは荷物を改めよう。


祐子


# by moving_sheep | 2018-11-14 05:05 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

11月12日の目先


時は金なりなんて言うけれど、

本当に〈時〉ってすごい力を持っているのかも。

そんな風に思った。


例えば今日、公園の前のベンチで座っていると、

夜の空が色を変える。

後ろから歩いてくる男の人たちが、いつの間にか私の横を通り過ぎて歩いて行く。背後で声だけ聞こえている時はもう少し年上の人かと思っていたけれど通り過ぎたら、もっと若い男の子たちだとわかる。


何かが変化するのは〈時〉が過ぎなければならない。時がなければ、風景は進まず、何も変わらない。一枚の絵みたいになるのかな。


〈時〉を集めれば、いろいろなことができる。

…どんなことができるのかな。

たくさん眠って元気になることができるし、

大切な人に伝えたいたくさんのことを一つ一つ書き綴って伝えることもできる、

友達とたくさんお喋りをしたり、

作品をたくさん創ったりすることもできる。


時がなければ、何かを積み重ねて形にすることはできない。生きている、とも言い難いのかも…。


時ってすごい力をもっている。もし時を操れる魔法をもっていたりなんかしたら、かなり最強なのではないかな。


あぁ…私も時を操れる魔法が欲しいな…!

なんて夜空を見ながら思うけれど、時は限りあるものだから!

限りある時間を大切にしてがんばろう!

限りある時間を生かして過ごせたら、時を操る魔法使いのようになれるかも。


祐子


# by moving_sheep | 2018-11-12 23:57 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

11月11日の目先


〈心〉は、頭と身体の連動。

近頃、そんなことを考えながら、日々稽古をしています。


頭だけで考えて〈心〉を生じさせるのではなく、身体だけをつかって〈心〉を生じさせるわけでもない。


気づくと、ずっと頭だけで考えて身体を放ったらかしにしている自分に気づいたりする。


喜んだときは私の身体は、どんな反応をするかしら、

悲しいときに私の身体は、どんな反応をするかしら、

二つの時は同じじゃなくて、そのどきどきで、私の身体は変わっている。


そんなことを考えて、自分の身体のこと、もっと知る。


正に“たくさんをつかって”をする。

キーワードは、連動!



祐子


b0042190_23582243.jpeg


b0042190_06214580.jpeg



# by moving_sheep | 2018-11-11 23:56 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

11月10日の目先


クリスマスの樹を見つけた!


色が緑と赤だから。

「あ!クリスマスだ!」って。


色付くだけで、「あなたはクリスマスの樹ね。」なんて、都合の良い話かもしれない。樹にしてみたら。“私はただ色を変えているだけ。もっと表層じゃないことを見て欲しいわ!”って。


これはなんて樹なんだろう。

多分もう少し日が過ぎて、クリスマスが近付く頃には、葉の大部分(というより、きっと全てが)赤になって、〈クリスマスの樹〉ではなくなっているのだろう、と思うけれど。


今この瞬間、この日に見つけられてよかったな。多分、バスに乗ることにしていたら出あえなかった樹だと思う。


様々が鳴くように聴こえる夜のまち。

たくさんが素敵だなって思いながら歩いている。

これは何かのプレゼントなのだと思う。


祐子


b0042190_23311220.jpeg


b0042190_23312930.jpeg


# by moving_sheep | 2018-11-10 23:28 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

11月9日の目先


夜のまちが心地よい。

そんなことを思います。


朝には、扉を開けて出かけるけれど、

夜に扉を開けてでかけることははあまりなくて。(もちろん、朝から夜までずっと出かけていることはあるけれど。)


扉を開けた先にあったまちは少し新鮮見えて、夜もまちは生きているって、思った。


とっても遠くの方に見える明かりが揺れているのもわかって、あそこにも誰かがいるなって思っていたことを思い出す。


遠くを見つめて、

空を見上げて、

目の前に広がる建物を見る。


地球って広いのかな?”って、思った。


宇宙は、なんとなく広い気がする。

じゃあ、地球は?

ひょっとすると、宇宙や空に比べると、とてもとても狭くて小さいのかもしれない。


“だから上へ上へと目指すのかぁ。”

そんなことを思う、夜の目先。


祐子


# by moving_sheep | 2018-11-09 23:15 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

11月8日の目先


今日はやけに鳥の声が耳に入る。


チュンチュンチュンチュンチュン、と言っているのは、別に「朝だよ!」と言っているわけではないと思う。

多分

じゃあ、なんて言っているのかな?


言葉がないと、想いや考えは伝わらないものなのかしら。


例えば、語彙が少ない赤ちゃんや、子どもたち、

“本当はそんなこと思っていないよ~”

と、思っているのかもしれない。

私はお母さんじゃないから、分からないけれど。


言葉ってとても大切で、でも、言葉にならないものにも真実の想いはある。

そんなことを思いながら


さておき、鳥は随分遠くまで、鳴き声を響かせることができることに気付く。

人間も想いの限り伝えたら、同じように遠くまで訴えを届けることができるの、かしら?


祐子


b0042190_07130474.jpeg


# by moving_sheep | 2018-11-08 07:09 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

11月7日の目先


〈彼〉がいなくなった後の、風景。


〈彼〉というのは、

この川のこの場所に、時折現れる鳥のこと。圧倒的な存在感をもっていて、現れた日には、私の目と心を必ず奪う。


今日も、川に近付くと何か空気がいつもと少しだけ違うのを感じた。ふと見ると…


〈彼〉が川の中に立っていた。


“もっと近くから見たいな。”と思って近づいた瞬間、何かを感じたのか、〈彼〉は悠々と飛んでいって、少し先の草の茂みの中に入った。


〈彼〉はいつも同じ場所に、微動だにしないで立っているので、いつもとは違う場所に立っているのは珍しくて…思わず〈彼〉がいた場所を写真に撮った。


〈彼〉がいた場所は、〈彼〉がいなくなった場所に変わる。

はじめからいないのとは違う風景。


同じ写真を見ても、それぞれ見ることは違うと考えると、面白い。

誰かにとってはただの川の風景で、だれかはここには写っていない鳥の残像を見たりする。


一度あったものが、完全になくなることはないのだな。

〈彼〉がいなくなった川の風景に、いなくならない〈彼〉の存在を感じながら、そんなことを考えた。


祐子


b0042190_23314121.jpeg


b0042190_23320347.jpeg


# by moving_sheep | 2018-11-07 23:29 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)

11月6日の目先


【心許ない。】


“心許ない気持ちだな。”って思って。打ってみた言葉は、意外と印象的な言葉だった。


“心が許せない?”

“心許ないとしたら、誰の心が許せないのだろう。”

そんなことを考える。


誰かの心が許せないのではなく、

きっと、自分の心が許せないのだと、思う。


心許ないとは、

頼りなくて不安なこととか、

待ち遠しくてじれったいこととか、

はっきりしないこととか、

辞書には書かれていたけれど。


頼りなければ行動するとよくて、

待ち遠しければ動くとよい、

はっきりしなければ尋ねるとよい、

でも、それだけでは、世の中の心許なさは解決しないのかな。


それでもいつでも、解決策は自分の中にもっている!


祐子


# by moving_sheep | 2018-11-06 22:11 | メソッド【目先】 | Trackback | Comments(0)